ルミガンでエクステいらずになるために


長いまつげは女性の憧れですが、自まつげが短い方の中には、「化粧栄えしなくて間近らが出ない」「エクステだとメンテナンスが大変だし、抜けていくと不自然になってしまう」というお悩みを抱えている人も多いでしょう。自まつげが伸びれば自然に目力を出すことができますが、まつげは髪の毛のように簡単に伸びるものではないのでケアも大変ですよね。そこで今回は若い女性の間でブームとなっている“まつ育法”・ルミガンについてお話します。

そもそも「ルミガン」って何?



ルミガンはもともと、緑内障の患者さんに処方されている点眼薬なのですが、ルミガンを使用する患者さんから「まつげが長くなる」「まつげが濃くなる」などといった副作用が出たことがきっかけで、まつげの育毛剤として女性の中で話題となっています。ルミガンの販売元・アラガン社が行った臨床実験によると、まつげの長さが25%、色の濃さは18%、密度は106%アップしたという結果が出ています。

ルミガンの使い方とは?どれくらいの期間で効果が実感できる?

ルミガンの使い方はとても簡単で、一日一回、まつげの生え際に塗るだけです。目の中に入らないようにするためにも、就寝前に塗るのがベストでしょう。

気になるルミガンのまつ育効果ですが、ルミガンの臨床実験結果によると、ルミガンの使用をスタートしてから16週間で80%以上に効果が現れたそうです。16週間というと3カ月~4カ月ほどかかりますし、毎日の継続が必要なので根気が大切かもしれませんが、一回一滴塗るだけなのでお手軽ですね。

ルミガンには副作用がある?

まつげが長くなるという女性に嬉しいメリットがある一方、ルミガンにはいくつか副作用があります。代表的なものは色素沈着で、そのほか目の充血やかゆみといったものがあります。この副作用は、ルミガンが目や皮膚についてしまったり、付着する量が多すぎたりしたことが原因と考えられています。ちなみに色素沈着はルミガンの付着を休むと薄くなるそうです。副作用はちょっと怖いかもしれませんが、目回りのケアを行いながら正しく塗っていれば安心ですし、エクステ並みのまつげを手に入れることができるなんて、とても魅力的ですね。

ルミガンには安く手に入れられるジェネリックがある!

ルミガンにも「ケアプロスト」というジェネリックがあります。ジェネリックとは、新薬の特許が切れた後に販売される薬のことで、有効成分や効き目は新薬と同じながら、新薬より安く手に入れられるメリットがあります。新薬より安く購入できる理由は、新薬の臨床実験データや成分を使うことで、研究開発費がかからないからです。

ケアプロストはルミガンと成分が同じで、期待できる効果もルミガンと同じですが、ルミガンが3mlで2000円から3000円なのに対し、ケアプロストは同量で1500円ほどで買うことができます。ケアプロストは気軽に試してみたい人にはぴったりですね。

またルミガンとケアプロストはいずれも医薬品なので、病院で処方してもらわなければ買うことができません。海外サイトなどを利用して個人輸入すると手に入れることができます。





ルミガンなどのまつ毛の育毛薬品が詳しく知りたい方、「まつ毛の育毛ならルミガンで決まり!」をご覧ください。